運転免許、本当に必要?

運転免許は各都道府県が指定する運転免許試験場で合格した者のみが手にすることができる資格です。
一般的には、18歳の誕生日を迎えたあとすぐに自動車教習所に通い始める人が多いでしょう。または、必要に駆られて30代、40代から免許を取得するケースも見られます。
教習所に通う時間がない場合に、試験場で技能試験を受ける「一発免許(一発試験)」という方法に挑戦して免許を取得する方法もあります。早い人で1カ月ほどで取得可能です。また、合宿免許という泊まり込みで14日~16日ほどの少ない日数で教習所を卒業する道もあります。一発免許は難易度が高いため、挑戦して合格する人の割合は2~3%ほどです。

すべての人が運転に向いているわけではありません。必要に駆られて運転免許を取得したいと考える人の中にも、適正が伴わずに諦めざるを得ないこともあります。本当に免許が必要なのか、運転する自信はあるのかなど、免許取得に踏み出す前に今一度よく考えてみることも大事です。