若者の車離れの現状とは?

若者の車離れが年々拡大していっているのが現状です。

若者の車離れの要因として、車を使わなくても生活に困らない環境が考えられます。ネットショッピングなどで電化製品や大きいサイズの商品の買い物ができる現代は、車で遠くへ外出する必要性がないのです。都心であれば車を使用せず様々な買い物ができてしまうので、車などの自動車を購入しなくても良いという結論に至ります。

そして若者の車離れの要因は経済的理由も絡んでいます。将来のことを考え車を購入すると、車以外にも車検や車税、ガソリン代やタイヤ代、清掃代などの費用がかかることを考え、車を購入しないという選択肢に至ります。他にも今の若者は趣味の多様化により、車よりもゲーム機やスマートフォン、パソコンなどにお金を使う傾向があり、さらには将来のための貯金などに徹しているため、車にまで手が回らないのが現状です。

さらにはSNSの普及によって、買い物以外で外出することに必要性を感じないことも若者の車離れの要因と考えられます。SNSで他人とのコミュニケーションが簡単にできるようになった現代はわざわざ外に出ることが億劫になってしまい、インドアな生活を好む傾向があるようです。

このように、若者の車離れが進んでいくと熟年層の車離れも進んでいくと危惧しています。車を必要としなかった時代の若者は車を所持せずに年を取ります。車がなくとも生活ができてしまうので、どんどん車の需要が低くなってしまいます。その車を必要としない世代から生まれた子供も車が必要ではない若者になってしまうというリスクがあります。