働き方によって車の必要性もかわる

看護師の通勤スタイルとして電車、バス、自家用車などがあります。

病院は患者さんの通院のことを考慮し、駅の近くにある場合も多いですが、最近では駅から離れた病院も増えてきています。その点でいうと車の必要性は高まっているといえるでしょう。また、多くの病院には医療従事者用の駐車場が用意されており、車を持っていれば非常に便利です。最近は、合宿免許など短い期間で免許を取得する方法が増えているので、時間もあまりかからず早くとれる可能性があります。

車の必要性が高まっている大きな理由のひとつとして挙げられるのが在宅看護です。高齢化が加速する中で、病院に通うことが出来ない高齢者の数も年々増えています。在宅看護となると、へき地に行くことも十分に想定されるので、自動車があれば非常に便利です。看護師として転職する際に在宅看護を選択肢に入れる場合は、検討しておくことをおすすめします。

車を購入しようかを検討する際には車自体の価格だけでなく、駐車場などについても考えておく必要があります。どうしても駐車場に高額な費用がかかってしまい、恩恵よりも負担の方が大きいと感じられる場合は、必ずしも購入するのが正解とは限りません。車は仕事だけでなく、プライベートでも使用することが想定されるので恩恵は豊富です。その恩恵と費用面を天秤にかけ、車の必要性がどこまであるのかを考えてみることが重要といえるでしょう。場合によってはレンタルやリースを利用するという手もあります。