看護師が運転免許を取得するメリットとデメリット

看護師に運転免許証は不要と思っている方もいるのではないでしょうか。

まず、一般的な運転免許を取得するメリットは、免許証を身分証として利用することができる点です。銀行の口座開設や役所の手続きなどで、身分証の提示を求められる機会があります。運転免許証が無いと、顔つきの証明書を求められて手間がかかる事が多くなります。その点、運転免許は身分証の中でも信用度が高い部類に入るので、提示すればスムーズに解決することができます。

では、看護師のメリットとは何があるでしょうか。看護には訪問看護や理学療法のリハビリなど、在宅で行う場合もあります。都会であれば移動は公共機関を使うため運転免許が必要だと実感する事が少ないですが、一旦都会を離れてみると運転免許がないと働きづらい点が増えていきます。地方の病院や医療機関の求人募集では、運転免許が必須と書いてあるケースも少なくありません。運転免許が無いと応募すらできなくなってしまいます。そのため、運転免許を取得することによって、看護の仕事の幅を広げることが出来ることがメリットと言えるでしょう。

運転免許を取得するデメリットとして、運転免許を取得するまでには時間と費用がかかる点です。運転免許を取得するために大半の人が、自動車学校に通います。自動車学校に入学すると技能と学科の講習を受けて試験に合格しなけばなりません。ですが、看護師になってから免許を取得するとなれば、働きながら教習所へ通うことになります。また、自動車学校の費用も年々高くなっているのが実情で、運転免許取得の費用が高い事が原因で免許の取得を諦めるケースも少なくありません。そのため、近年の教習所では時間や費用にたいして合宿等、様々な取得プランを設けています。自分に合ったをプランを選ぶことで、看護師でも運転免許証を取得することができるでしょう。

運転免許は取得すると便利な点が多くあります。地方で働く場合には必須なので、運転免許を取得するかどうかは居住地域が大きく影響すると考えられます。